レンサバレビュー。独自SSLとHTTP/2対応で月額198円〜。レンタルサーバー新時代のコアサーバー

全ページ常時SSLは当たり前の時代。新時代のレンタルサーバーが始まりました。

最終更新日:2017年8月17日

レンタルサーバーのコアサーバーやバリューサーバーがとんでもないサービスを始めました。
なんと、独自SSLをいくつでも無料で設定可能!
今までも月額100円の格安SSLを用意されていましたが、今度は無料!
サブドメインもいくつでもSSL化できます。

数年前までは、独自ドメインでSSL化するには年間数万円かかっていました。
時代は変わりましたね。

おそらく、無料SSLサービスの「Let's Encrypt」の台頭や、すべてのサイトのSSL化の流れに乗ったものでしょう。

しかも、コアサーバーは HTTP/2 標準装備
バリューサーバーはHTTP/2ではないのです。コアサーバーだけ。

追加サービスは2点

・無料で独自SSLをいくつでも(登録数は1週間に20まで)
・HTTP/2対応(コアサーバーのみ)

プレスリリース
https://www.value-domain.com/info.php?action=press&no=20170808_01

ちなみに、コアサーバーはサーバースペックも大幅にアップ。
既存サーバーのリニューアルは2017年8月末から順次対応なので、契約済みの方はもう少しまてば設定出来るようになります。
私は一足早く、対応済みの新仕様サーバーを新規契約しました。

ということで、私も早速バリューサーバーからコアサーバーへ移転しました。
もちろん無料で独自SSLも設定できたし、HTTP/2も確認できました。
このサイトはMovable Typeなのですが、再構築がとても速くなりました
なんと言ってもSSDです。レンタルサーバーなのにHDDじゃなくてSSD。
速いのも納得のスペック。
いい!

年間2万円以上の経費削減!

バリューサーバーで6サイトを SSL + HTTP/2 対応していた以前の費用。
・独自SSL 1,200円 × 6 = 7,200円
・VALUE-IP 3,600円(300円 × 12) × 6 = 21,600円
・バリューサーバー(スタンダード) 4,000円

合計:32,800円

コアサーバーで 独自SSL(無料) + HTTP/2(標準装備) 対応。
・コアサーバー(CORE-B) 9,428円(税込み10,182円)

合計:9,428円

これはビジネス仕様のプランなので年間1万円くらいですが、最小のCORE-MINIなら年間2,500円くらい。
HTTP/2じゃなくてもよければバリューサーバーのままでもOK。

最もお手軽で安くSSL化・HTTP/2対応するなら、CORESERVER.JP(コアサーバー)

で決まりです。
このサイトもコアサーバーで運用しています。

「VALUE-IP」はHTTP/2用に使っていましたが、それぞれのドメインに固定IPを割り振ってIP分散する役目や、キャッシュサーバーとしての役目もありました。
ですが、IP分散なんて今回の6サイトでは必要ないし、キャッシュサーバーも不要。

というわけで、ますますSSL当たり前の時代になりました。
まだSSL化していないサイトは、セキュリティ上よろしくないし、Googleの検索順位も下がるし、なにより古くさくてかっこ悪い。

レンタルサーバーも日々進化しています。

ちなみにこのサイト含め6サイトをコアサーバー「CORE-B」で運用していて、
ドメインをすべて同社のバリュードメインを使っています。

ドメインもサーバーも同じ会社だといろいろ手続きが簡単。

プライベートでも仕事でもいろいろなレンタルサーバーやAWSなどのホスティングサービスを使用してきましたが、今はこのコアサーバー一択です。
もちろん案件によりますけど、個人や小〜中規模のサイトならコアサーバーで充分です。

証明書の中身をみてみたら、今回始まったサービスの無料SSLの中身はまさに「Let's Encrypt」でした。
「発行元: Let's Encrypt Authority X3」
中身をみると有効期限も「Let's Encrypt」の基本通り3ヶ月になってますね。
これはコアサーバーやバリューサーバーの側で更新をしてくれるということでしょう。

コメント(0)

  • ※コメント確認画面はありません。
  • ※コメント投稿後は再読み込みをしてください。
CLOSE ×